第2弾嬉しいありがとうございます&おめでとうございます。


◆「いきなり日本を笑わせろ!」とは◆

「日本中を笑顔にしたい!」と願う芸人総勢21組が大集結!!ファミレスとカフェのお客さん、東大生の前で、いきなりネタを披露し笑わせる事ができるのか?
数台の隠しカメラが仕掛けられた現場で何も知らずにやってきた一般人に対して、コンビ芸、ピン芸、さらにこの番組でしか見られない夢のコラボ芸など、あらゆる手を使って笑わせにかかる!他の芸人たちはその様子を別室でモニタリング。別室の芸人たちが「笑わせた!」と判断したらミッションクリア!!しかし、笑わなければ、地獄のエンドレスへ突入…。

フジテレビ公式サイト「いきなり日本を笑わせろ!」公式ページ内
放送内容詳細より引用
番組公式サイトはこちら

出演者
阿佐ヶ谷姉妹、インポッシブル、おいでやすこが、蛙亭、カミナリ、くっきー!(野性爆弾)、ザ・マミィ、シソンヌ、ジャングルポケット、ゾフィー、チョコレートプラネット、土佐兄弟、ニューヨーク、ネルソンズ、ハナコ、ヒコロヒー、マヂカルラブリー、みかん、ゆりやんレトリィバァ、吉住、吉村崇(平成ノブシコブシ) ※五十音順

いきなり日本を笑わせろ!2021/05/23(日)放送回 見逃し配信↓
TVer(放送日翌日時点、配信終了まで一週間以上)
FOD(配信期間:2021/05/23~2021/6/6 23:59)

※ちなみにですがTVerの再生回数は人気のバロメーターの一つになるそうなので、もう一度見たくてなおかつ番組を応援したい方は、録画よりTVerで見ると良いかもです。無料でできる推し活…。

―――――――――――――――――――――――――――――

※ミーハー自称・お笑い好き女の感想なので、鋭い分析とかはないです。「面白かったね~^^」と、一緒にキャッキャする気持ちで読んでいただけたら幸いです。

 お正月に第1弾が放送され、「第二弾もあったら見たいな〜^^」と思っていた「いきなり日本を笑わせろ!」が、何と今回は2時間SPになって帰ってきました!わ~うれしい~!^^
 私前回の放送はパブサしなかったので反響がよく分からなかったのですが、この規模の拡大っぷりはきっと評判良かったんですね…!芸人さんだけでなく、番組に関わった方々みんな嬉しかっただろうな~。

 そして放送時間の拡大に伴い、出演芸人さんも総勢21組に大幅増加しました。
 個人的には「あ、TVの人気者を大量投入したな~」という印象 笑
 しかし、だからと言って前回の出演者が呼ばれくなるという事が無いのがこの番組の義理堅い所だなと思います。第1弾出演者の内、品川庄司・庄司さんとハリウッドザコシショウさん以外は、皆さん前回から引き続きのご出演でした(そしてこのお二人はなぜ今回出られなかったのだろう…笑)。


 そして肝心の内容ですが今回もバッチリ面白かったです。
 まず、芸人さんがみんなイキイキしてるのが凄くいいですよね~。出撃前は皆さん一様に緊張していて「マジで緊張する」とか「この番組ヤバいな~」とか言っているのですが、それも結局武者震いと言うか…凄く楽しそうだし、やってやる!っていう気合いが画面越しに伝わってくる気がしました。

 それに、挑戦した芸人さんがモニタールーム帰ってきた時に、他の芸人さんが出迎える雰囲気も凄く良い。ウケてたら大喝采して一緒に喜ぶし、スベってても何と言うか…あんまり雰囲気が重くならないと言うか…それがいいなと思いました。

 他にもガチのお笑い番組って色々ある中、なんでこの番組はこんなに雰囲気が良いんだろ?と考えたのですが、個人的には「憧れの大先輩に面白いと思われたい!」という緊張感が無いからなんじゃないかな~とか思いました。

 例えばドキュメンタルにしろ有吉の壁にしろ、ちょっと違うけどIPPONグランプリにしろ、あと座王とかイロモネアとかもなのかな?…ああいう飛び抜けて芸歴が上で超面白くてTV界での実績も半端ない先輩がMCとかチェアマン、審査員的な的な感じで1人ドーンといると、どんなにその大先輩が優しい方でも、純粋に「ウケるかスベるか」の他に「~さんが見てる」「~さんに面白いと思われたいorつまらないと思われたくない」という意識から来る緊張感や競争意識が、大なり小なり生まれちゃうと思うんですよね。まあ有吉の壁なんかは皆さんかなりわいわい楽しそうですけどね 笑

 もちろん、その緊張感があるからこそ面白い番組も沢山あるし、「スベったけど~さんは笑ってくれた」が救いになる場合もあるし、それはそれで若手の皆さんはすごくやり甲斐を感じるのでしょうけど…でもこの番組に関してはそれが無いのがかえって良いと思います。

 出演者はほぼ同年代の若手が中心で明確なMCもいないので、そこにあるのは「何も知らない一般人を笑わせる」というハードな状況に対する緊張感だけ。失敗したらお互いいじりあったりするけど「競い合う」とか「誰かに認められる」と言う意識よりは「みんなで試行錯誤しながら笑いをとっていく」みたいな一体感があるのが、若手番組らしく爽やかでいいな~と思いました^^
 (まあ圧倒的な中心者がいなくて仲が良い雰囲気な分、ウケたスベったの判定がなあなにならないように、という所だけ注意しないといけないかもしれませんが…そんな事は素人に言われずとも、ですよね)


 でも、個人的に前回と比べてちょっと残念だったのが、出演者を増やした分一組一組の放送分量にかなり差がついてしまった所です。
 「出撃&チャレンジ」「モニタールーム帰還&他芸人からの評価」「仕掛けられた一般人の方にインタビュー」のフルセットで放送された組もいれば、「出撃&チャレンジ」のみ端的に放送されるのみの組もいましたね…最後の蛙亭とか途中でスタッフロール流れ始めてたし…こ、これは…( ;∀;)

 大活躍した組とイマイチだった組で扱いや放送分量に差が出るのは理解できるのですが、確かこの番組ってルール上「再挑戦可」なんじゃありませんでしたっけ?実際前回は同じ組が何度も挑戦してたはずですし…。でも今回は少なくとも放送上は殆ど一組一回のみでしたよね。組む相手を変えて…とかロケ地が複数の組は結果的に複数回放送されたりしてましたけど。

 この辺は私は前回の方が良かったかなぁ…。一回スベったらそれっきりで挽回のチャンスが無いのは厳し過ぎる気がするし、あとウケた判定の組すらダイジェストぽい編集されてるのはなんか…いや分かりますけどね、滑ってる組の方が面白い場合もあるのは。
 あれだけの芸人さんを集めておいてそういう事されるのは、なんか、とにかく人気者を沢山集めて取れ高は作ったけど、一組一組は雑に扱ってる感じがするというか…^^;
 前回のくっきー!さんみたいに、何回もチャレンジする事で結果一連の流れが盛り上がって面白くなるパターンもありますし…。

 今回は3ヵ所3グループでやっていましたが、2ヵ所2グループにとどめて、もう少し余裕のある感じで作って欲しかったな…と思いました。

 とは言え、きっと編集上の事情とか視聴者には分からない事が色々あるんだろうな…。


 でも、全体としてはとても面白かったので、定期的にやって欲しいなと思いました^^ また見たいです。

 何だか全体に対する感想だけで長くなってしまったので、個別の感想は後日追記するなり別で書くなりします。元気があれば。

 おわり。

 ――――――――――――――――――――――――――――――

いきなり日本を笑わせろ!2021/05/23(日)放送回 見逃し配信↓
TVer(放送日翌日時点、配信終了まで一週間以上)
FOD(配信期間:2021/05/23~2021/6/6 23:59)

※ちなみにですがTVerの再生回数は人気のバロメーターの一つになるそうなので、もう一度見たくてなおかつ番組を応援したい方は、録画よりTVerで見ると良いのではないでしょうか。無料でできる推し活…。