日記に書いた感想文を番組ごとにまとめてみる試みです。
あちこちオードリー感想集 新装版 
◆「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」とは◆
 お笑いコンビ・オードリーがMCを務めるトークバラエティ番組。テレビ東京系にて毎週火曜日深夜1時35分から放送中。番組公式ページはこちら。番組公式Twitterはこちら

 春日さんが大将となり、東京各地に飲み屋風の店をオープン。常連客・若林さんと今注目のゲスト(4名以内)を交えた少人数で本音トークを繰り広げる。
 詳しくは番組公式ページか、Wikipediaでも見て下さいまし。


―――――――――――――――――――――――――――――――
◆2020年8月4日(火)◆
・あちこちオードリー(東京03、バカリズム)
 東京03さんの昔の話はあまり聞いた事が無かったから楽しかったな~。角田さんがダサいって言われ過ぎててどんなネタやってたのか気になる 笑
 私のイメージでは東京03のお兄様方は本当に穏やかで優しそうなイメージなんですけど、そんな人達にも尖ってた頃があるんですでね~。時代がそうだったんでしょうけど。
 ただもっとすごいと思ったのが人力舎におけるおぎやはぎさんの影響力ですよね。話を聞く限りもうあのお二方が事務所の雰囲気を決めたと言っても過言ではない訳ですから…。
 バカリズムさんが尖っていた話は全く意外じゃなかった 笑

◆2020年8月11日(火)◆
・あちこちオードリー
 バカリズムさんがちょいちょい友達を私物化したがるのが面白かった笑笑 でもその根底にあるのが「さみしい」なのが憎めないですよね…笑
 若林さんがバカリズムさんに「面白いと思えない、理解できないネタがある」って相談してる件は、次元は違うかも知れないけれどプロでも人によって面白く無いと思ったり理解できなかったりするんだから、視聴者、あるいは客である私たちに理解ができなかったり面白くないと思ったりするお笑いがあるのは当たり前のことなのかもと思った。
 そう思うと、客にやたらと「お笑いリテラシー」なるものを求めてくるお笑い好きの人にはそこまで正当性はないのかもしれないな…。

◆2020年8月18日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:パンサー、佐藤栞里さん)
 佐藤栞里さん女神&天使。
 向井さんや南キャン山里さんの話を聞いていると、養成所に入ってお笑いについて勉強をした訳でもない女性バラエティタレントの方々が芸人さんと絡む難しさを感じますね…。

◆2020年8月25日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:パンサー、佐藤栞里さん)
 ゲストは選手に引き続きパンサーと佐藤栞里さん。
 佐藤栞里さんは本当に女神&天使。本当にご本人の元の性格と育ちなんでしょうね~…あれはなりたくてなれるものではないと言うか…途中からああなろうとしたらかなりの修業が必要ですね…。有吉の壁みたいな、逃げ場のないお笑い真剣勝負の番組で佐藤栞里さんがキャスティングされる理由が分かりました。バラエティアイドル的な人よりも、本心から優しくてお笑いが好きで何しても笑ってくれる女性の方が芸人さんのモチベーションを保てるという事か…。
 あと、実在の人物についてこう言う事言うのは良くないかもしれませんが、さらば森田さん×栞里さん=下衆くてスケベなおじさん×真性ピュア天使のカップリングは、男女CP厨的には非常に萌えます。はい。萌えます…。
 きっといつもはゲスいおじさんが本物の天使を前にするとゲスいことできなくて凄く大事にしちゃうんだ…そして天使もゲスおじさんの芸人さんとして面白い所とかカッコ良い所とかをちゃんと見て尊敬してくれるんだ…みたいな妄想しちゃうよね…はい、すみません…あくまで妄想です…。

 パンサーは向井さんの独壇場でした 笑 なんだか闇のある人らしいという事は風の噂に聞いていましたが、こういう事だったんですねぇ…。
 「外見に合ったお笑い」というものがどうしてもあるんだなとか、人気が落ちた時に自虐で出ていくにも腕がいるんだなとか、やっぱりトリオってコンビとは質の違う関係性なんだなとか、色々勉強になりました。あと、最近は「芸人」の定義が芸人さんによって「職業としてネタやバラエティで活躍する人」であったり「人とは違う、面白い事をやる人」みたいな生き方や行動の事であったりと様々ですが、向井さんは芸人=職業派の方なんだな~とか思いました。

 余談ですが、この番組における若林さんってよく話を聞くし褒めるけれど、悩みに対してアドバイスしない所が優しいなと思います。

◆2020年9月1日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:ロバート、渡辺直美さん)
 ロバートさんのトリオ結成秘話は毎回、山本さんがいろんな人と(ネタを)ヤりまくってたくだりが面白いwwwwwwww
 ジャンポケ、東京03、パンサー、ロバートと名だたるトリオ芸人さんが出てきてるけど、トリオの関係性って本当に独特ですよね。

 渡辺直美さんはニューヨークに家買うって凄い…話の規模が違う…。

◆2020年10月20日(火)◆
・あちこちオードリー
 あんなに元気にしゃべる八木さんは久々に見た 笑
 何と言うか、オードリーは「今一番好きな芸人さん!」という訳では無いのに、あちこちオードリーは割といつ見ても楽しめる気がする。

◆2020年10月27日(火)◆
・あちこちオードリー
 引き続きサバンナとずん・飯尾さんがゲストでした。あちこちオードリーはテレビ関係者に聞かれないほうが良いという意味で不用意な発言はしますが、視聴者ががっかりするような不用意発言は少なくて見やすいです…。

 前々から思っていたのですが、お笑い芸人さんは相方に対して「なんでも自分の思うようにしようとしても仕方ない」「苦手な事を無理にやらせようとしてもしかたない」「それよりもどうしたらお互いが活きるか考えよう」という結論に至るのが早いなと思います。

 前いた沼がKPOPアイドル沼で、アイドル達も先生も基本姿勢が「出来ないことも一生懸命練習して、できる様になろう」で、実際ダンスなり歌なり、全く出来なかったのができる様になる子も沢山いるんですよ。

 だから芸人さんから上記の様なセリフを聞くと、つい、本当に一生懸命手を尽くした上でダメだったのかな…?とか考えてしまうんですよね失礼ながら。特に、いわゆるポンコツと言われるタイプの芸人さんって、TVで見る姿に「お笑いに対する一生懸命感」が無いから、尚更真剣に取り組んでないだけなんじゃ?と思うというか…。まあその方が面白いからそうしているだけなんでしょうけど…。

 人に見せないだけで努力したんだろうし、そもそも「おもしろくなる」「笑いをとる」って事が、歌やダンスの様に反復練習でうまくできる様になる類の物では無いのかもなぁ…。

 あとなんか、私がまだ芸人さんが面白いという事の凄さとか、その裏にある大変さへの理解とか想像力が無いんだろうなぁ…。

 全然あちこちオードリーの感想じゃない 笑

◆2020年10月28日(水)◆
・あちこちオードリー生配信

 本当に本当に面白くて楽しかったです。気持ちとしては4000円でも良かったのでは?と思う位でした。

 本当に↑の通りなのと、たまたまなのですが、図らずもこの前に書いたサバンナ、ずん飯尾さん回感想で書いた事のアンサーを得られたような内容でした。生配信のルールで内容は詳しく書けませんし、自分の中で整理もし切れていないのですが。

 とりあえず、私はまだこれからも、お笑いが好きだなと思いました。

◆2020年11月3日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:チョコレートプラネット、壇蜜)
 素のチョコプラのお話をTVでじっくり聞く機会があまりないので面白かったです。ちょうど「OWARAI Bros. Vol.2」のミキとの対談でも芸の幅広さを称賛されていましたが、ここでも触れられていましたね。ご本人曰く「売れるにはコントしかないと思っていたのに、ものまねとかリズムネタとか予想外の所でブレイクした」とのことで、人生計画通りに行く人もいれば行かない人もいて、難しいものだと思いました。

 壇蜜さんと松尾さんのコントはとても面白かったのですが、本音をしゃべるのが面白い番組なので、なくても良かったかなとも思います 笑
 壇蜜さんは質問されても一言二言でしか返さなかったので、もう少し積極的にお話してくれると嬉しかったかも…あまり自分の事を話すのがお好きでないのかも知れませんね。

 あと、長田さんがナイツ塙さんとやったドリームマッチならぬ現実マッチの話はめっちゃ笑いました。
 長田さんかわいそうだし塙さん大人げない…笑 ダメな意味で浅草の師匠味が出てきてませんか?笑笑

 塙さんってM-1の審査員やってるし、漫才の本も売れてるし、漫才師としての実力も説得力もあって、「凄い人」「正統派」「中堅なのに師匠感」みたいなイメージがあるから、若手がいじって大丈夫…?とか少し思ったのですが、同期の若林さんが楽しそうに笑ってたので、大丈夫なのでしょう 笑

 塙さんそもそも変な人ですし、こんな風にフランクに後輩に悪口言われたりいじられたりしてるのを見るのは、楽しかったです 笑

◆2020年11月10日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:チョコレートプラネット、壇蜜さん)
 ダイタクもYouTubeで東京吉本の話をしていたけど、やっぱり大阪吉本と比べるとちょっと勢いがないんですね。立ち位置的に中途半端なんだな~。
 相席スタートとかニューヨークとか好きな芸人さんに東京吉本勢が多い身としては頑張って欲しい所ですが、具体的にどうしたら良いかは分からん…。そもそもファンは売れさせることはできませんしね…。

 でもそんな中、先週もそうですが、ネタパレで時々「大宮セブン」が取り上げられるの良いなってふと思いました。

 それと、東西吉本と関東他事務所の話になる前の、長田さんの「MCクラスという山の頂上にいくまでの最後の一合がめちゃくちゃ大変そうで、それに10年かかるとして自分はその時50歳。と思うと、別の山を登ってみた方が楽しいんじゃないか?と思った」(要約)という話を聞いて、なんだか心が重くなりました 笑
 ただ売れるだけでも難しいのに、今の若手~中堅芸人さんって、みんなある程度売れるとこうして「天下取りを目指すか、自分の道を行くか」という壁にぶちあったって悩むんだなと思うと、何と言うかこう…ある意味夢がないな…というか。

この回を見る前にちょうどカジサックさんのチャンネルの「【超神回】放送作家 高須さんが語るダウンタウンさんの凄さとは…」を見ていたのですが、この動画の38:45辺りからの話が長田さんが話している途中で頭をよぎりました。

 やはり、あまりにも偉大な先輩方が今でも本気でやっているとなると、その椅子から正面突破の実力勝負でどいてもらうのは難しいのですね。これは偉大な先輩方が引退するまではなんともならんのかな…。

 そして、多くの芸人さんが「天下取り」を諦める中で、いち視聴者として芸人さんが選んだ「天下じゃない自分の道」を少しでも満足のいくものにしていく助けになるように、できる事をしていきたいなと思いました。

 あと、今回は壇蜜さんが沢山喋っていらして楽しかったです^ ^

◆2020年11月17日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:ダイアン、カミナリ)
 津田さんが静かにしゃべってると変な感じ 笑 ラジオだとあんな感じなのでしょうかね。
 まなぶくんは終始ぬるっとしていました 笑

◆2020年11月24日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:ダイアン、カミナリ)
 先週以上にまなぶくんがぬるぬるしていました 笑

◆2020年12月1日(火)◆
・あちこちオードリー
(ゲスト:加藤志保さん、佐々木美玲さん、富田鈴花さん、渡邊美穂さん by日向坂46)
 何よりも、若林さんが年頃の女の子達と仲良く楽しそうにお話してるのが、とても微笑ましくて楽しくも嬉しかったのでした。若林さんも春日さんも、優しくて頼もしいお兄さんなのですね…(´▽`*)
 本当に純粋なものに触れる事によって、若林さんがどんどん優しくて頼もしい大人の男性になっていってるの凄く素敵だなって思います。
 お父様との事とか、キューバに行った事とか、ご結婚とか、他にも色んな経験によって今の若林さんになられたのだろうけど、ご本人が「日向坂には毎日勉強させてもらってる」と言う位だから(おべっかでいう人でもないし、そんな場でもないし、そういう相手でもないと思う)、日向坂さんに良い影響を受けているのは本当なんだろうなと思うと、ホント素敵な関係。何か分からんけど、日向坂さんありがとう…こんな場末のお笑い好き女に例言われても訳分からんだろうけども…。
 このまま良い関係でいてくれたらいいなって思います。
 
 日向坂46の皆さんも、お一人お一人かわいくておしゃべりも上手くて素敵でした。
 バラエティなのに事ある毎に号泣しちゃう話とかも、面白かったのですが、なんかこう「めちゃ純粋…でも分かるかも…」とか思いながら見ていました。

 私は日本ではなくK-POPアイドルを応援しているのですが、推しがバラエティに出た時は「特技披露は確実に成功させる!位の気合で行けよ…!失敗して面白くしてもらえる事を当てにしすぎるなよ…!頑張れ…!」とか思っちゃうもんな…と思って。
 多分それはご本に達もそう思ってて、まして冠番組で、だから全力投球して泣いちゃうんだろうなぁ…。
 アイドル…。

◆2020年12月8日(火)◆
・あちこちオードリー
(ゲスト:加藤志保さん、佐々木美玲さん、富田鈴花さん、渡邊美穂さん by日向坂46)
 日向坂46とオードリーが出会えたのは運命だったんだね…良かったね…(*´ω`*)
 
 本当にオードリーさんが年頃の女の子に慕われてるの他人ながら嬉しい…。
 みんな一生懸命でかわいいし、ユニゾンエアーで日向坂46推すようになっちゃいそう…。

◆2020年12月15日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:キングコング)
 とても楽しみにしていましたが、カジサックチャンネルをそれなりに見ている身としては知っている話の方が多くて「オードリーと絡んだからこそ!」という感じがあまりしなかったな~と、個人的には思いました。

 何と言うか、あくまで”私は”ですが、「長い下積みを経た後に売れて、特に若林さんが社会に適応できない事に悩みながらも、色んな事を受け入れられるようになって、ラジオや舞台の方が得意っぽいのに、結局は東のTVスターになったオードリー」と「めちゃ早く売れてスター性も抜群、そのまま行けば安泰だったであろうにも拘らず、自らTVを去って独自の道を歩き始めて今大成功しているキングコング」ってどこか対照的な感じがするので、今お互いがやっている仕事についてどう思っているのかみたいな話とか、キングコングはTVをどう思っているのか、オードリーはTVじゃない仕事の仕方をどう思っているのかみたいな事を、お互いがいる場で話しているのを見てみたかったのですが、そんな話にはなりませんでしたね。

 でも、とは言え、キングコングとオードリーが同じ空間で喋っているというだけで、やっぱり何か凄い…。
 次回も楽しみにしています。

◆2021年1月5日(火)◆
・あちこちオードリー(名場面集)
 個人的には平成ノブシコブシにもう一度来て欲しいです。
 来週から通常営業ですね。楽しみ!

◆2021年1月12日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:アンジャッシュ・児嶋一哉さん、ハナコ)
 児嶋さんには幸せになっていただきたいですね。

 TVに出る事がルーティーン化すると不祥事起きやすい説や、会話が減ると私生活に注意できる距離感じゃなくなるという話、アンジャッシュとオードリーの関係性の意外な類似点などの話が興味深かったです。
 昔ほど女性問題が許される世の中ではないので、昨今の芸人さんが仲が良くて会話もしっかりあるのは、そういう意味で時代に合っていて良い傾向なのかもしれませんね。

 ハナコは菊田さん回でしたね~。ハナコは追ってないので確かな事は言えませんが、どこに行ってもこの光景を見る気がする…笑

 次回も楽しみです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆「番組感想」の記事◆
霜降りミキXIT 感想集 
しくじり学園お笑い研究部 感想集

◆ブログ更新の通知を受け取りたい方はこちら◆