◆本の概要◆
コスミック出版による『お笑い第七世代』を特集したムック本。何を以て『お笑い第7世代』とするのかは未だにイマイチはっきりしないのが現状だが、お笑いナタリー『お笑い第7世代特集ムック登場、霜降り×ハナコ、Aマッソ、かが屋、金属バットら』曰く、この本では2010年以降にデビューした若手芸人をお笑い第7世代としているらしい。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 こんにちは。黒飴かりんとうです。
 今回は『芸人芸人芸人 特集 第七世代 インタビュー:EXIT』の感想文を書いてみようと思います。
 多少ネタバレしておりますので、ご了承の上お読みくださいませ。
 大丈夫だよ~という方はどうぞ先にお進みください。PCにてご覧の方は『続きを読む』からどうぞ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆EXIT(P.58~61)感想◆
 全4ページ中3ページはグラビアで文章量は少なめなので、読み応え重視派の人は少し物足りないかも知れません。2019年のインタビューなので、前のコンビの話や組んですぐの時の話など、懐かしい内容が多いです。コンビの話と第7世代に関する話が9:1くらいで、霜降り明星の時とは違いコンビの話がメインでした。

 個人的に面白かったのが、各所でよく耳にする兼近くんの「最近のお笑いは凝り固まってるので、このままじゃ伝統芸能みたいになっていく」論でした。前から思っていましたが、こういう発想はTVや舞台を見てお笑い芸人になりたいと思ったわけじゃない人らしい考え方で、良いな~と思います。
 兼近くんはピース・又吉さんの本を読んで「こういう人になりたい」と思った人で、お笑いの事はよく知らずに芸人になったんですもんね。
 私もまだまだ勉強中ですが、日本のお笑い文化…その中でも漫才・コント・バラエティ番組でのお笑いと言ったものは、それこそ吉本興業の劇場を中心に、この先も後世に残していく基盤は十分整っていると思うんです。むしろ今の課題は、色んな人が色んな所で言う様に「芸人が増えすぎて上が詰まってしまっている」事なので、EXITみたいにどんどん新しい事をしている若手の存在は、これからの芸人さんが活躍する方法の選択肢を増やすという意味でも、劇場に新たな客を呼ぶという意味でも、お笑い界にとって良い事だと思います。

 でも、そんな兼近くんがバラエティに出て色んな芸人さんと共演して、コロナ自粛中にM-1も見て、最近(2020年時点)では先輩たちを改めて尊敬し直してるっていうのめっちゃ熱いですよね~!!(>_<)
 霜降り明星も大概ですけど、EXITも売れるまでとその後の展開がめちゃくちゃ少年漫画ですよね。兼近くんは「全くの初心者がひょんなことからとある部活に入ったらめちゃくちゃ才能があって、一生懸命&それなりに楽しくやってはいたんだけど、その部活に熱く真剣に取り組んでいるスタープレイヤー達を間近で見たら凄く強くてカッコ良くて尊敬もしてしまって、もっと本気になって部活にのめり込むようになった系主人公」みたいな感じ(表に出ている部分だけから感じた個人の感想ですが)。りんたろー。さんはその相棒の人。

 あと気になったのが、りんたろー。さんが「賞レースに関しては今年か来年がラストイヤーでしょうね。」(芸人芸人芸人 特集 第七世代 P.61 3段目 15 ~16 行目より引用)と言っていたことです。この言葉の通りだとすると今年が最後となるので、どうなるか楽しみですね。

 それにしても、EXITにとってネタってどういう位置づけなんでしょうね?そもそもはネタでTVに出て来た人立ちなので、面白いのは確かですけど。このインタビューの最初の方でりんたろー。さんが「キャーキャー言われるのは嬉しいんですけど、ずっと続く反応ではないじゃないですか。だからネタちゃんと作っていかなきゃと思ってます。」(芸人芸人芸人 特集 第七世代 P.61 1段目8 ~11 行目より引用)と言っているので、芸人として爆売れ期が過ぎても活動を続けていくための軸という位置づけではあるのかも知れませんけど。
 でも、もうすでに売れてTVにも出ていて、EXITしかできない事も沢山やっている中で、継続してネタを作るだけならとにかく、負担の大きい「賞レースでの優勝」をあえて目指すというのはどういう心境なんでしょうね…それこそオードリーや南海キャンディーズみたいに、売れてしまったら翌年からは出ない選択肢もある訳じゃないですか?その辺の事ってどっかのインタビューで答えてたりするんですかね?熱いよなぁ…。

 最後に写真の話ですが、このムックは雰囲気がガチお笑い雑誌な感じで、明るくPOPと言うよりは芸人さんをカッコ良くクールに撮っているので、EXITも例にもれず服装はいつものチャラ男スタイルですがモノクロでクールな雰囲気でした。EXITは可愛くPOPに特集される事が多いですが、こういうのも良いですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 と、いう訳で、以上が『芸人芸人芸人 特集 第七世代 インタビュー:EXIT』の感想文となります。最後まで読んで下さってありがとうございました!
 面白かったよ~という方は、拍手、コメント、星による評価などしていただけると大変励みになりますので、よろしければお気軽にお願いいたします。コメントはあまり厳しい事は言わないでいただけるとありがたいです 笑

 ではでは、また次の感想文で~。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆『芸人芸人芸人』の記事◆
芸人芸人芸人 特集 第七世代 インタビュー:霜降り明星
芸人芸人芸人 特集 第7世代 インタビュー:ミキ 感想 ~スベってる人を見た方が学ぶことが多い事もあるらしい~
・芸人芸人芸人 volume2 特集 ラジオスター POWER PUSH 宮下草薙 感想 …etc.

◆『EXIT』の記事◆
お笑い2020 Volume1 2020 WINTER DJ KOO×EXIT(P.86~91) 感想
TV LIFE 2019年 15号(7/19号) お笑い第7世代座談会inネタパレ 感想 …etc.

◆『ムック』の記事◆

お笑い2020 Volume1 2020 WINTER 霜降り明星(P.4~13) 感想
お笑い2020 Volume1 2020 WINTER ミキ(P.14~19) 感想
人気ラジオ番組完全ガイド 2020 感想⑤ ~ライトリスナーが読んでも面白いから、推しのインタビューだけ読んで本棚にしまわないで…~ …etc.


◆ブログ更新の通知を受け取りたい方はこちら◆