◆本の概要◆
 雑誌「nina's」にて連載された同名エッセイの2008年7月号~2010年3月号掲載分に加筆修正し、再録した。

◆著者情報◆
名      前:田村 亮(たむら りょう)
コンビ名:ロンドンブーツ1号2号(1993年結成)
相      方:田村 淳(たむら あつし)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆感想◆
 お父さん、お母さん、これから親になる人、誰が読んでも良い内容だと思います。

 育児本でいうと、当ブログでは以前よゐこ・有野さんの「有野晋哉の父も育つ子育て攻略本」やザ・ギース尾関さんの「芸人と娘」を紹介しました。この2つが元々はブログやTwitterなどで個人的に書いた文章であったのに対し、この本は「nina‘s」というママさん向けの雑誌で連載されていたコラムを書籍化したものです。その為、前の2つに比べるとより文章が整っていて、ボリュームもあります。

 また、この本が有野さんや尾関さんの本と違う点は、奥様とのエピソードが多く出てくる点です。以前紹介した2つが主に「筆者(父)と子供」の間の関係や出来事について書ていたのに対し、この本では子供の両親としての「筆者と妻」の間の話や「筆者(父)、子ども、妻(母)」という三角形、家族全体の話が多く書かれています。
 その為、奥様と喧嘩した話や怒られた話、失敗談の様な、「子育てを巡って夫婦間で起こるあれこれ」を知る事ができます。そんな、子育ての幸せな面だけでなく、大変な部分についても書いてある点が、この本の特長です。

 それは、著者である亮さんが過去に奥様に雑誌の「パパの子育て特集」を見せられて「よその家庭のパパはこんなに子育てしているんだよ」と言われて肩身の狭い思いをし、ご自身が連載をされるに当たっては、失敗談や奥様に怒られた話などの「ダメな部分」も書いて、世のパパさんが自分の様に肩身の狭い思いをしないようにしよう…という想いがあったからなんだとか。

 そんな亮さんの思いを汲むのであれば、この本は教本的に読むのではなく、あくまで「よその家庭はどんな感じなのかな?」とか「子育てってどんな感じなのかな?」という体験談として読むのが良いのだと思います。
 そうでなくても、各ご家庭での家事・育児の配分はその家の状況によってそれぞれなので、この本を読んで「亮さんはこの位やってるんだから、あなたもやってよ!」もしくは「亮さんだってこの位なんだから、俺は充分だろ!」といった使い方(というか考え方?)をするのはやめておいた方が良さそうかな…と思いました。

 …などと言いつつ、ここからはちょっと女性目線に偏った意見になるかも知れませんが、思った事を正直に書かせていただきますと。
 この本は2010年…つまりもう10年も前に初版が発行された本な訳ですが、2020年現在「男性の育児参加」に関する状況は当時とはまた変わってきているように思います。
 具体的に言うと、男性に求められる育児の水準(関わる時間や内容など)が当時より上がっているのではないでしょうか(と言っても、本来育児は二人でするものなのでせめて半々にしたいと思うのは当たり前かなとは思います…これも各ご家庭の状況によって正解は違うとも思いますが)。

 田村家も、世間の例に漏れず育児の大半を奥様が担ていらっしゃったようです。それでも、亮さんは「芸能人」という特殊な職業についている方であり、なおかつ当時は多忙でもあったため、そこを踏まえれば当時としては十分すぎる位の子煩悩パパだと思います。
 しかし、この本の内容をそのまま「子育てをするパパ」の正解と思ってしまうと、今の時代の女性がパートナーに求める育児参加の姿とは少し違う…というか、ちょっと不十分な可能性もあるかな~…と思いました。
 もちろん「田村家にとってどうか?」という視点で見れば、奥様が現在の育児分担の割合に満足して家庭が円満であるならばそれでOKですし、そもそも外野の私が評価を下すような物ではないのですが。
 それに、現実問題、男性の育児参加の割合がもっと増えるには、男性の意識が変わる事もさることながら、社会の制度やら風潮やらが変わる事も大事なんだろうとも思いますが。

 何度も繰り返しますが、各ご家庭での家事・育児の配分はその家の状況によってそれぞれなので、あくまで「よその家の体験談」「参考程度」とにするのが良いかと。


 さて、この書き方だとちょっと亮さんの印象が良くないのですが、亮さんがそんなにダメパパなのかと言うと全然そんな事はなく、とてもいいお父さんだと思います!
 それもこれも、亮さんがママ雑誌に載る連載というシチュエーションとその影響を考慮し、ご自身の考え通り「ダメな部分」もありのまま書いたからこそ。
 実際、尾関さんの「芸人と娘」は私が勝手に育児カテゴリには入れつつ実際には娘さんの面白エピソード集ですし、有野さんの本も奥様とのもめ事や自身の失敗についてはあまり書かれていないので、自然悪い印象にはならない訳です。
 
 実際この本を読んでいると、亮さんはご長男が誕生して初対面した際にとても感動して、「次男の時は絶対出産に立ち会いたい!」と意気込んだり、急なお休みを家族で遊びに行くことに当てたり、立ち上がったり喋ったりという我が子の様々な「はじめて」に立ち会えるお母さんを羨ましく思ったりと、まず根本として子供好きである事が伺えます。
 なので、実際に今現在子育てに奮闘している方の場合は、むしろこの本の方が「自分も色々失敗するけど、頑張ろう」という気持ちになれるのかも知れません。

 それから、今まで私が読んできた「育児」の本はいずれも娘さんいらっしゃるご家庭の話だったのですが、田村家は息子さん二人なので、その違いも面白かったです。やっぱり男の子家庭のお父さんは何かこう…女の子家庭のお父さんほどデレデレしないなって思いました 笑

 という訳で、感想は以上です。未婚で子育て本(失敗談やダメな部分の描写もアリ)の感想書くのって、知識としても経験としても分からない事の方が多いから難しいですね…。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 最後まで読んで下さってありがとうございました。
 拍手、コメント、星による評価などしていただけると大変励みになります。
 よろしければお気軽にお願いいたします。
 コメントはあまり厳しい事は言わないでいただけるとありがたいです 笑

 それでは、また次の感想文で。


◆「田村 亮」さんの本◆
 まだありません。

◆「ロンドンブーツ1号2号」に関する本◆
日本人失格 著:田村 淳

◆「育児本」◆
芸人と娘 著:尾関 高文
有野晋哉の父も育つ子育て攻略本 著:有野晋哉

◆ブログ更新の通知を受け取りたい方はこちら◆