◆概要◆
 ラジオ番組を題材にしたムック(雑誌と書籍を合わせた性質を持つ刊行物)。タイトルにもある通り、各局の人気ラジオ番組をハガキ職人とリスナーの投票によって順位付けした『人気ラジオ番組最強ランキング 2020』をメインの特集としている。
 ランキングは①芸人ラジオ部門 ②アーティスト・俳優・タレント部門 ③番組アシスタント部門 ④アイドル・声優部門 ⑤スポット番組部門 ⑥ネットラジオ部門 の全6部門に分けて紹介されており、『芸人』『アイドル』など限定したジャンルに囚われることなく、幅広い番組の概要や魅力を知ることができる。
 その他、人気パーソナリティーへのインタビューや、ラジオ番組を盛り上げるには欠かせないハガキ職人による座談会など、本誌独自の特集も多数。ラジオ好きはもちろん、むしろラジオ初心者やライトなラジオリスナーにおすすめの一冊。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 こんにちは。黒飴かりんとうです。
 今回は『人気ラジオ番組完全ガイド スペシャルインタビュー 四千頭身』の感想文を書いてみようと思います。多少ネタバレしておりますので、ご了承の上お読みくださいませ。

 大丈夫だよ~と言う方はどうぞお納めください。
 パソコンの方は、『続きを読む』からどうぞ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆スペシャルインタビュー 四千頭身(P.42~43) 感想◆

 今回のインタビューでは、ざっくり要約すると『三人のラジオ歴と今聞いている番組』『ラジオとテレビで話し方は分けているか』『フリートークは用意するか』『リスナーとの関係』『リスナーからの質問』etc…といった感じの質問がされていました。
 四千頭身はかつて『芸人 芸人 芸人 volime2 ラジオスター』というムックでも、ラジオに関するインタビューを受けていました。その時は、お笑い第7世代、四千頭身のオールナイトニッポン0や四千ミルクと広いテーマを扱っていたのですが、今回は四千ミルクに関してのみのインタビューだったので、話題が狭まった分少し深掘りされていて面白かったです。
↓ちなみに、こちらがその『芸人 芸人 芸人 volime2 ラジオスター』です。

 さて、今回のインタビューの中でも私が特に読んでいて楽しかったのが『三人のラジオ歴と今聞いている番組』についてでした。以下、一人ずつ感想を書いていきます。

①後藤くん
 以前はSCANDALさんの番組と、FMの野球番組しか聞いていなかった。
 今も野球のシーズンオフになると、ラジオはあまり聞かない。

  「今も昔もラジオはあまり聞かない」という、お笑いに対して程良く力の抜けた回答が後藤くんっぽいですよね(^▽^) また、野球番組に関して「テレビと一緒にナイター中継を聞くと面白い」ということも言っていて、人とは違う視点で独特な楽しみ方をするのが面白いなと思いました。
 友達の応募で養成所に入ったという芸人になるキッカケといい、後藤くんはいわゆる生粋の『お笑い大好き少年』ではないっぽいにも関わらず、作るネタも面白く、すべらない話に呼ばれるくらいトークも上手く、しっかりと『お笑い』という部分でトリオの中心人物を務められるというのは、相当元から芸人としての素質があるんだな~と、改めて凄さを噛み締めてしまいます。 

②都築くん
  以前は殆ど聞かなかったが、楽しそうだな、やれたらいいなとは思っていた。
  自分がラジオを始めてからいろんな番組を聞くようになった。
  いざ聞いてみると「こんなにおもしろいのか!」と衝撃を受け、今ではすっかりヘビーリスナーに。

 この「楽しそうなイメージなので、やってみたいとは思っていた。」というのは、芸人になってから、周りの芸人さんの話を聞いて…という感じでしょうか?
 最近発売された『別冊+act 【特集】最強のふたり』のインタビューで、相席スタートの山添さんも同じような事言っていたことを思い出しました 笑 この二人を見ていると思うのですが、多分、明るく楽しい青春を送って来た人って、あまり深夜ラジオとか聞かないんでしょうね…笑
 そして、実際に聞いてみると純粋に面白くてラジオにハマっちゃう素直さが、物凄く都築くんのイメージ通りで思わず笑ってしまいました(*´▽`*) 勉強したり参考にしたりする為じゃないというのがポイントですよね 笑
 こういう所が都築くんの面白い所でもあり、かわいい所でもあるな~と思います^^


③石橋くん
 ラジオにはめちゃくちゃ憧れがあった。
 関西の芸人さんや、NMB48の番組をラジコで聞いていた。
 今は「ラジオスターと呼ばれる人たちはどんな感じなのかな?」と、意識して色んな番組を聞いている。

 具体的には書きませんが、この聞いていた関西の番組のラインナップと言うのが、お笑いのメッカ関西よしもと(!)の、しかもまだ東京でドカンと売れる前の芸人さん(!)のラジオで、東京生まれ東京育ちが聞くにはややマニアックなのが、多分三人の中では一番の『お笑い大好き少年』である石橋くんらしいなと思いました。
 そして都築くんとは対照的に、自分たちのラジオが始まってからはラジオスターの番組をあえて意識して聞いているという石橋くん。めちゃくちゃ勉強熱心でさすがの一言です。
 長尺ラジオを聞く気力と体力を失いつつあるアラサーは、その成果をテレビでも見られるようになる日を楽しみにしております…申し訳なし…。
 (というかラジオに限らず、毎週決まった時間に決まった番組を視聴したり、2時間以上の特番を視聴する気力と体力を失いつつある…なぜだ…こんな老い方聞いてない…見たい気持ちはあるのに…)

 …と、こんな感じで、ラジオ歴が見事に三者三様、なおかつそれぞれ『らしい』回答でとてもおもしろいインタビューでした。こういう芸人さんのパーソナルな部分が分かる話題は、読んでいて楽しいので好きです^^


 また、今回四千ミルクは『ラジオ番組最強ランキング 芸人ラジオ部門』で第10位にランクインしました!おめでとうございます!
 ちなみにですが第9位以上は、ラジオにそれ程詳しくない私でも『面白い』と一度は噂を耳にしたことがある有名番組がひしひしとひしめいておりました。そんな中、まだ始まって約2年の四千ミルクがTOP10入りするというのは、本当に凄い事だと思います(*^▽^*)

 これは個人的な考えなのですが、ラジオというと、大体30代~40代の芸人さんは「何でも聞いてくれるリスナーの前で、好きな事を話せる場所」として、特別な思いを抱きながら大切に大切にやっている方が多いというイメージがあります。中でも伊集院さんや爆笑問題さん、ナインティナインさんのラジオを聞いて青春を過ごした中堅芸人さんは、特にそんな感じと言うか。

 一方四千頭身はと言うと、彼らはまだ20代前半。いわゆる『お笑い第7世代』と呼ばれる若手の中でもダントツの末っ子です。石橋くんはともかく、他の2人は元々それ程強火のお笑い好きと言う訳ではなかった様ですし、9位以上の芸人さんと比べると、リスナーとしてもパーソナリティとしてもラジオというモノに触れてまだ日が浅いと言って良いと思います。そう考えると彼らは、恐らくですがラジオに対する思い入れもまだまだ育てている途中なんじゃないかな~という気がします。いや分からんけど。

 加えて、以前四千頭身がカジサックさんとYouTubeでコラボしたことがあったのですが、その時「TVにはスターが必要だ」と常々言っているカジサックさんが、四千頭身みたいな人たちに天下を取って欲しいと前置きしつつ「今後どうなっていきたいか?」という質問をしました。しかし、その質問に後藤くんは「そういうビジョンがまだない状態でお仕事が結構もらえるようになってしまって…今はとりあえず、いただいたお仕事を一生懸命やって…。」と、若干しどろもどろに(^▽^;)
 こちらは2019/8/17に撮影された映像なので今はまた違うのかも知れませんが、私はこれを見た時、四千頭身の皆さんの中はでテレビ、ラジオや舞台など、各お仕事の重さや位置づけがまだ明確ではないのかも知れないな~と思いました。

 そんな中で先輩たちに食い込んで勝ち取った今回の第10位。とても凄い事だし、若くして始めたこのラジオが四千頭身のお三方やファンの方々、そしてラジオ界にとってどんな存在になっていくのだろうと思うと、先輩方の番組とはまた違ったワクワクした楽しさがあるな~と思いました。

 でももし四千ミルクが四千頭身40代50代とかになるまで続いたら、今いるリスナーさんなんかもう歴史の証人ですよね!しかもそれがニッポン放送やTBSラジオの様なラジオ大手の番組じゃない所がまた熱いというか。
 そう考えるとますますちゃんと聞いておきたくなるなぁ…毎週はキツくても、せめて隔週とかでおばちゃん頑張ってみようかしら…。
 

 さて最後に、特集ページのデザインについてです。
 四千頭身は、何故かラーメンの器みたいな中華風のデザインになっているのが面白いなと思いました。これは四千頭身らしくしよう!と言うよりも『四千頭身』という漢字四文字の字面が中国語っぽいからこんな感じにしたという、編集者さんの遊び心なんじゃないかと私は思っています 笑 それとも、私が知らないだけで四千頭身って何かラーメンと深い縁があるんでしょうか…?笑
 一方、使っている色は中華風定番の白と赤ではなく、白、ベージュ、 芥子色+少しだけ黒と、全体として見た時に白っぽくて落ち着いた印象でした。これは四千ミルクのミルク感を出した結果でしょうかね?写真を撮影したスタジオもなんかおしゃれで大人っぽくて、わちゃわちゃした四千頭身がこんな感じでまとめられているのって、何だか不思議な感じです 笑

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 と、いう訳で、以上が『人気ラジオ番組完全ガイド スペシャルインタビュー 四千頭身』の感想文となります。最後まで読んで下さってありがとうございました!

 面白かったよ~という方は、拍手、コメント、星による評価などしていただけると大変励みになりますので、よろしければお気軽にお願いいたします。コメントはあまり厳しい事は言わないでいただけるとありがたいです 笑

それではまた~。


◆人気ラジオ番組完全ガイド 感想シリーズ◆
人気ラジオ番組完全ガイド 感想①~未読の方、ぜひ相席スタートさんのページを読んで下さい~
人気ラジオ番組完全ガイド 感想②~ニューヨークさん、スタッフさん、ニューヨーカーさん第1位おめでとうございます~
人気ラジオ番組完全ガイド 感想③~ラジオでの宮下草薙は『管理者とモンスター』ではなく『年相応の友達同士』の雰囲気で平和~
人気ラジオ番組完全ガイド 感想⑤~ライトリスナーが読んでも面白いから、推しのインタビューだけ読んで本棚にしまわないで…~


◆『四千頭身』の記事◆
TV LIFE 2019年 7/19号 お笑い第7世代座談会inネタパレ 感想
お笑い2020 Volume1 2020 WINTER 四千頭身 感想

◆『ムック』の記事◆
お笑い2020 Volume1 2020 WINTER かが屋 感想
お笑い2020 Volume1 2020 WINTER 霜降り明星 感想
お笑い2020 Volume1 2020 WINTER DJ KOO × EXIT 感想


◆ブログ更新の通知を受け取りたい方はこちら◆