◆概要◆
 ラジオ番組を題材にしたムック(雑誌と書籍を合わせた性質を持つ刊行物)。タイトルにもある通り、各局の人気ラジオ番組をハガキ職人とリスナーの投票によって順位付けした『人気ラジオ番組最強ランキング 2020』をメインの特集としている。
 ランキングは①芸人ラジオ部門 ②アーティスト・俳優・タレント部門 ③番組アシスタント部門 ④アイドル・声優部門 ⑤スポット番組部門 ⑥ネットラジオ部門 の全6部門に分けて紹介されており、『芸人』『アイドル』など限定したジャンルに囚われることなく、幅広い番組の概要や魅力を知ることができる。
 その他、人気パーソナリティーへのインタビューや、ラジオ番組を盛り上げるには欠かせないハガキ職人による座談会など、本誌独自の特集も多数。ラジオ好きはもちろん、むしろラジオ初心者やライトなラジオリスナーにおすすめの一冊。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 こんにちは。黒飴かりんとうです。
 今回は『人気ラジオ番組完全ガイド スペシャルインタビュー 宮下草薙』の感想文を書いてみようと思います。多少ネタバレしておりますので、ご了承の上お読みくださいませ。

 大丈夫だよ~と言う方はどうぞお納めください。
 パソコンの方は、『続きを読む』からどうぞ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆スペシャルインタビュー 宮下草薙(P.95) 感想◆

 こちらのインタビューは『越崎Dが手掛ける個性派過ぎるラジオニュースターを見逃すな!』と題して、空気階段さんとセットで特集が組まれていました。見開きページの右が空気階段さん。左が宮下草薙のインタビューです。ちなみに二組とも、担当Dの越崎さんがインタビューに同席していたそうで…え、保護者同伴…?笑

 量で言えば1ぺージ分しかない短いインタビューでしたが、二人の掛け合いが和気あいあいとして面白く、笑いながら楽しく読ませていただきました。TV LIFEで連載中の『宮下草薙の不毛なやりとり』といい、『宮下草薙の15分』といい、お二人は短い時間や少ない紙面の中でファンを笑わせるのが上手いのかも知れませんね(*^▽^*)


 インタビューの内容は、ざっくり要約すると『番組が決まった時の心境』『15分という放送時間について』『ラジオを収録する際の二人の空気』『リスナーからの質問に答える』etc.といった感じで、私はその中でも『ラジオを収録する際の二人の空気』に関するくだりが印象に残っています。

 こちらの話題はインタビュアーさんに「『宮下草薙の15分』では、のびのびとトークされているのが印象的です。」(人気ラジオ番組完全ガイド P.95 2段目9~11行目より引用)と言われたのがきっかけで始まったのですが、それに対して宮下くんは「「ラジオっぽく」みたいな意識は全然なくて、自然体でやろうとしています。」(人気ラジオ番組完全ガイド P.95 2段目12~14行目より引用)と答えていました。

 この答えに私は「わ~やっぱりそうなんだな~」と、何だかとても合点がいったのです。

 私の中で宮下草薙というコンビは『管理者とネガティブモンスター』『しっかり者の高校生と気弱な小学生の兄弟』『普通の仲の良い友達同士』と、シチュエーションによって全然違った関係性が垣間見えるのに、そのどれもが演技やキャラ作りには見えないという、とても複雑で一言では言い表せない二人、と言う印象でした。

 宮下くんが草薙くんに厳しく干渉してバチバチ喧嘩して仲が悪く見える時もあれば、草薙くんが宮下くんを頼ってわがままを言って宮下くんも何だかんだ面倒を見てあげて、なんなら普通のコンビよりもべったり仲がいいように見える事もある。だけど時にはカラッと対等なただの仲の良い友達同士にも見える。

 まあ正直、一般人である私たちの友人関係だって、ただ一緒に遊ぶ時と、仕事など何らかの『真剣にやらなければいけない共同作業』をする時では関係が変わるというのは全然ある話なので、どれも全部宮下草薙である事には変わりないんだろうな~とは思っていたのですが。
 それにしたって本人たち的には、どれが一番素に近い状態の二人なんだろう?とずっと気になっていたので、何だか今回のインタビューで答え合わせができた気分でした。
 なおかつ、個人的にラジオの時の二人は仲悪くもべったりでもない『普通の友達同士』っていう感じに見えていて、二人きりの、なにかやらなければいけない様な課題がある訳でもない空間でこんな感じって事は、これが二人の関係のベースなんじゃないかな~と思っていたので、今回の「ラジオの時はなるべく自然体にしている」という答えにも納得。なんか、やっぱそうかぁ~って感じでした。
※厳密に言うと草薙くんは違うっぽいですが、どういう事かは雑誌を確認してみて下さい笑

 芸人さんがある『分かりやすいキャラクターとコンビの関係性』で世に出て来た時、ファンと言うのはつい、「それこそがその芸人さんの唯一無二の真実だ」勝手に思い込んで知った風なことを言ってしまったり、実際には違う事や、時が経つにつれ変化する事も十分あるにも関わらず、一度好きになった『キャラクターとコンビの関係性』を理想像として周囲やご本人たちに押し付けてしまったりするものですが、自分が見ている部分だけが全てだと思ってはいけないな~と改めて思いました。

 特に私は関係性萌な所が多分にあるし、ネタやバラエティも好きだけど、同じ位にインタビューやら本やらでその芸人さんがどんな人なのかを知るのが好きな質だからな…。(ラジオは長いし自分の好きな時に聴けないのでなかなか追えない 泣)
 本当に、知った風な事言ったり、想像で憐れんだり、代わりに怒ったりしないように気を付けよう…どの推しに対してもネ…と思った次第です(^▽^;)ゞ


 最後に話は変わって、特集ページのデザインについてです!
 こちらは単色ベタ塗り緑の背景に、ピンク色に加工した芸人さんの膝上写真が各ページコンビ毎に大きく配置され、その更に上から白字でインタビューが書かれている。という作りになっています。
 パッと見で緑とピンクが目立つ配色は、『ニュースター』の特集らしく一見POPにも見えますが、どちらも微妙にくすんだ色を使っていて紙面全体が若干暗いのは、特集されているご本人たちが決してPOPではなく、どちらかと言えばちょっと暗いイメージなのが反映された結果…なのかな~~~?と、私は解釈しました 笑

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 と、いう訳で、以上が『人気ラジオ番組完全ガイド スペシャルインタビュー 宮下草薙』の感想文となります。最後まで読んで下さってありがとうございました!

 面白かったよ~という方は、拍手、コメント、星による評価などしていただけると大変励みになりますので、よろしければお気軽にお願いいたします。コメントはあまり厳しい事は言わないでいただけるとありがたいです 笑

それではまた~。



◆人気ラジオ番組完全ガイド 感想シリーズ◆
人気ラジオ番組完全ガイド 感想⑤~ライトリスナーが読んでも面白いから、推しのインタビューだけ読んで本棚にしまわないで…~


◆『ムック』の記事◆


◆ブログ更新の通知を受け取りたい方はこちら◆